現在地

ホーム » 木組みの技法紹介

雇いザネはぎ

 板の中央に溝を突き、サネを入れて板同士を接ぎ合わせる技法です。接着面積が大きく、尚かつお互いの捻れ、反りを矯正する効果があります。
 善工房では、この代わりビスケットという新しい工法も使います。